本文引用自hishiamazon - 妻夫木聡:對電影界充斥TV映畫感到憂心

(藍色的字體是晴空自己的小感想,穿插在本文其中。)

 

『妻夫木聡:對電影界充斥TV映畫感到憂心』

 

妻君發炮了!!!!火力滿強的哩….

 

妻君與松山研一(ケンイチ)出席8日的一個マイ・バック・ページ座談會上,發炮了他說到日本電影界現在上演的都是一些「TV電影(就是專門拍來在電視上播送的電影)」,所以現在日本能向國際發信的,真正有「料」的電影是愈來愈少。所以他說:「如果自問我們想拍什麼樣的電影,應該要從制作者的角度去思考這個問題」。他還說道,自已進藝能界時,以為隨便做就能賺大錢、交女友、受簇擁,後來發現這樣行不通,講不出台詞、演不出好戲、有陣子非常受挫折。不過,這段經驗才能造就今天的影帝。

我不太清楚妻君所謂的TV電影是哪一些(對日本娛樂了解不夠透徹),可是聽得出來這位年輕的影帝,對自身所處的工作環境,抱有很大的期待,也對自己有很高的要求,讓我對他今年的兩部電影期待更高了。

 

談到他的形象與真實妻君的落差,他說:「因為得了奬,開始有人認同我是個有裏子的演員。其實我知道,自已不是那種憑感覺演戲的天才型演員,所以我得用努力彌補。」拍惡人的時候,為了發掘、找尋真我,一時之間健康出了問題。

 

「在這個定型化的社會裏,我日日混在人群中行禮如儀。想做些大事,只可惜沒這個能力。今天遇到了可以大幹一場的機會,以不做一定會後悔的心態硬著頭皮做了。不做什麼的話永遠不會改變,趁著還有這種動力的年紀」妻君這樣說。

(在這個定型化的社會裏,我日日混在人群中行禮如儀)很喜歡這句話,說出我的心聲,我們每天都活在社會給予的角色裡,維持著應有的態度,盡著該負的責任,深怕稍不小心便跌入萬丈深淵,毀了自己也毀了心愛的人。如果可以,真想按100個讚哪!

喜歡妻夫木聡的人生及工作態度,雖然自謙不是天才型演員,但是能夠自省的他,總是能讓我們從他的演出裡得到某種啟發,或是渲洩現實中壓抑的情感,隨著哭跟著笑,只要能感動人心的就是好演員。

 

二人與山下敦弘監督與觀眾們交換意見1小時多,而松山也自爆前陣子自已跑到福島去幫忙收拾瓦礫的事情。

話說婚後的松山ケンイチ真是超幸福肥的)

20110608妻夫木MYBACKPAGE電影座談.jpg  

(2011.06.08MY BACK PAGE 座談會)

(平凡的大合照中ブッキー的笑容仍是無敵)


順帶預告今年期待的兩部電影

希望臺灣也要放映,祝念ing.....

(點擊海報可連電影官網)

20110528妻夫木MYBACKPAGES海報.jpg  

 

smuggler.jpg

 

 

 

=========================================================

妻夫木聡、「テレビ映画」ばかりの現状に危機感

http://www.cinematoday.jp/page/N0032880 

 俳優の妻夫木聡と松山ケンイチが8日、公開中の主演映画『マイ・バック・ページ』の山下敦弘監督とともに、一般客を招いてティーチ・イン(討論会)を都内で行った。妻夫木は批判を恐れず、日本映画界について言及。「映画の興行を回しているのはテレビ映画ばかり。一方で、ほかの国に発信できるような映画を作るチャンスが小さくなっている。自分たちがどういう映画を作っていきたいのか、作る側の立場として変わっていかないといけないと思う」と真摯に話した。

  二人は同作を鑑賞した観客からの率直な感想を聞き、質問にも丁寧に応えること1時間あまり。松山は、同作の時代背景と東日本大震災が起きた後の今の心境重ね、「土日のどちらか、行ける時は車で日帰りできる福島にがれき撤去のボランティアに行っている」と明かした。「僕、本当にバイトをしても不真面目だったけど、がれき撤去だけは、時間を惜しんでせっせと動いている。自分でもびっくりするくらい。苦じゃないし、何とかしないといけないと思っているから体が動くんですね」と生き生きと話した。

 妻夫木もモヤモヤっとした思いを吐き出すように言葉があふれた。「芸能人になったら、適当に仕事して、お金もらって、女にも持てて、ちやほやされながら過ごせると思っていたけど、やってみたら何もできないし、セリフは出てこないし、芝居なんてわからないし、すごい挫折を味わった。それがあったからこそ、今の自分があると思う」。

 また、世間が抱くイメージと自分自身とのギャップについても、「映画賞とかもらって、妻夫木は演技の才能があると言ってくれた人もいるけど、芝居が下手なのは自分でわかっているし、感覚だけでは演じられない。だから努力家ではあると思うけど…」と話し、昨年公開の『悪人』を撮影していた頃から、「自分自身をどう捉えていいのかわからなくなって、体調も悪くなった」ほど、自分探しの苦しみが続いているという。

  さらに「仕組まれた社会の中に存在して、その中でぐるぐる回っている自分がいる。はみ出すには勇気がいるし、局面を打開できるのは自分の力しかないし。何かやってみようと心が動いたら、やらないで後悔するくらいなら、やった方がいいと思う。踏み出してみないと変わらないし、そうしないといけない時期にあるかも」などと話していた。

  映画は、元朝日新聞社の記者・川本三郎によるノンフィクションを映画化した社会派青春ドラマ。196070年代を舞台に、理想に燃える若きジャーナリスト・沢田(妻夫木聡)と、革命を目指す学生活動家・梅山(松山ケンイチ)との出会いと交流、起きてしまった取り返しの付かない事件を描く。山下監督は「原作をもとに、映画的に面白く脚色することもできたが、どこかでこの話を面白くしてたまるかと思っていた」と話していた。

文章標籤
創作者介紹

晴空

晴空 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()